コンテンツへスキップ

SUS材料の基礎知識

目次

身近に潜む高機能素材「SUS材料」の秘密:その魅力と可能性を徹底解剖!

皆さんは、日常生活でステンレス製の製品を目にしない日はないのではないでしょうか? 例えば、キッチンのシンクや包丁、建物の外壁、さらには医療機器に至るまで、ステンレスは私たちの生活に深く浸透しています。このステンレスのJIS規格名が「SUS材料」と呼ばれていることは、意外と知られていないかもしれません。

本記事では、このSUS材料の知られざる魅力と可能性を、基礎知識から専門的な加工技術まで掘り下げて解説します。さらに、ハイタックが誇る深穴加工技術との関わりにも触れ、SUS材料のさらなる可能性を探求します。

SUS材料の正体とは?

SUS材料は、「Steel Use Stainless」の略称で、JIS規格で定められたステンレス鋼の一種です。ステンレス鋼は、鉄を主成分とし、クロムやニッケルなどを添加することで、優れた耐食性、強度、加工性を実現した合金です。

クロムが10.5%以上含まれることがSUS材料の定義であり、このクロムが空気中の酸素と結合して不動態皮膜を形成することで、錆びにくいという特性を発揮します。

なぜSUS材料は選ばれるのか? その魅力を徹底解剖!

SUS材料が幅広い分野で採用される理由は、以下の4つの魅力にあります。

  1. 驚異的な耐食性: SUS材料は、表面に形成される不動態皮膜により、錆や腐食に対して非常に強い耐性を持ちます。そのため、屋外や水回りなど、過酷な環境下でも安心して使用できます。
  2. 高い強度と加工性: SUS材料は、鋼種によって強度や加工性が異なり、用途に応じて最適な材料を選択できます。例えば、SUS304はバランスの取れた特性を持ち、幅広い用途に適していますが、SUS440Cは高い硬度と耐摩耗性を持ち、刃物などに使用されます。
  3. 美しい外観: SUS材料は、その光沢のある美しい外観から、意匠性を重視する建築物や高級キッチン用品などにも採用されています。
  4. 衛生的で安全: SUS材料は、表面が滑らかで汚れが付きにくく、洗浄も容易なため、衛生面が求められる食品加工や医療分野でも安心して使用できます。

SUS材料を使いこなす:鋼種の選択と加工技術

SUS材料には、さまざまな鋼種が存在し、それぞれ特性や用途が異なります。代表的な鋼種としては、以下のようなものがあります。

  • SUS304: バランスの取れた特性を持ち、最も汎用性の高い鋼種です。
  • SUS316: SUS304よりも耐食性、耐酸性に優れ、海水プラントや医療機器などに使用されます。
  • SUS430: 磁石に付く性質を持ち、比較的安価なため、厨房機器や家電製品などに使用されます。
  • SUS440C: 高い硬度と耐摩耗性を持ち、刃物や軸受などに使用されます。

それぞれの特性を理解し、用途に合わせて適切な鋼種を選ぶことが重要です。

また、SUS材料の特性を最大限に引き出すためには、高度な加工技術が必要です。特に、深穴加工は難易度が高く、専門的な知識と設備が不可欠です。

ハイタックの深穴加工技術:SUS材料の可能性を広げる

ハイタックは、長年にわたり培ってきた深穴加工技術で、SUS材料の可能性をさらに広げています。深穴加工とは、直径に対して深さが5倍以上の穴を加工する技術で、精密な寸法精度と高い品質が要求されます。

ハイタックでは、最新の設備と熟練の技術者の連携により、高精度かつ高品質な深穴加工を実現しています。特に、SUS材料の特性を熟知した上で最適な加工方法を選択し、お客様のニーズに応じた製品を提供しています。

SUS材料の深穴加工でお困りの際は、ぜひハイタックにご相談ください。

お問い合わせはこちら:

[ハイタックの深穴加工サービスページへのリンク]

この記事を通して、SUS材料の魅力と可能性、そしてハイタックの深穴加工技術について理解を深めていただければ幸いです。

    PAGE TOP