会社案内

代表挨拶

当社は、創業以来ガンドリルマシンメーカーとして、様々なお客様の声に寄り添いつつ、社製ガンドリルマシンの改良・開発、加工技術の研鑽を重ねてきました。
こうした深孔加工の技術革新への取り組みにより、φ1mm × 深さ400mm の深孔加工を実現する等、世界でも類を見ない深孔加工技術を確立しました。日本で培った深孔加工技術を以て、海外への機械販売プロジェクト推進などグローバル展開を進め、世界中のものづくりの技術向上に貢献していきます。

代表取締役 稲田 英教

会社概要

会 社 名 株式会社ハイタック


本社工場 静岡県沼津市西熊堂 716-41


代表者名 代表取締役 稲田 英教

資 本 金 6,900万円


設 立 2008年 8 月

事業内容 

ガンドリルマシン製造・販売医療機器部品・航空機部品・自動車関連部品・工作機械部品・各種スリーブピン・コアピン・金型冷却穴等の受託加工業務 ( ガンドリル加工・ホーニング加工・外形加工 )

受 賞 歴

はばたく中小企業・小規模事業者300社 ( 2018年)
地域未来索引企業 ( 2018年)
第 6 回しずぎん起業家大賞 優秀賞
平成30年度静岡県産業振興財団理事長表彰

主要取引先

㈱井高、㈱エッチ・ケー・エス、NK ワークス㈱、株式会社 M-TEC、㈱岡崎製作所、㈱兼松 KGK、協立機械㈱
㈱サイダ・UMS、㈱スズキプレシオン、スター精密㈱、㈱スグロ鉄工、東海部品工業㈱、芝浦機械㈱、㈱ナカニシ
日商産業㈱、日本ベアリング㈱、ビヨンズ㈱、明陽電機㈱、メイラ㈱、㈱菱興社、ミズホ㈱
(敬省略五十音順)

会社沿革

1990年 

ガンドリルマシン製造販売を主事業とする東洋ハイタック設立

2008年 

株式会社ハイタック設立 静岡県沼津市松長に本社工場竣工

2010年

高い回転精度を特徴とする中空サーボスピンドルを開発 ( 従来機ではできなかった難削材の深孔加工も可能に )
2014 年

新型高精度小径用ガンドリルマシン開発によりΦ0.5 ~の深孔加工を実現

2016年 

外径加工事業開始。事業推進・拡大のため、各種外径加工機導入。
(NC 旋盤、マシニングセンタ、ワイヤカット放電加工機、画像寸法測定機など導入 )
ISO9001:2015 認証取得
静岡県沼津市西熊堂に第2工場 ( 現本社工場 ) 竣工
医療機器製造業登録

2017年 

小径ガンドリル専用自動再研磨装置及び、φ1mm×400L 加工の
深孔加工を可能とする新型ガンドリルマシンを開発
はばたく中小企業・小規模事業者 300 社、地域未来索引企業に選定される
2020 年 

世界最小ガンドリルφ0.5 の加工で深さ 60L を達成
静岡県沼津市西熊堂に新工場竣工
本社機能を移転