コンテンツへスキップ

ダイカスト金型鋼の基本

目次

【初心者向け】ダイカスト金型鋼の基礎知識:硬さ・粘り・加工・深穴加工のポイント

ダイカスト製品の製造には欠かせない「金型」。その金型に使われる鋼材こそが「ダイカスト金型鋼」です。今回は、このダイカスト金型鋼について、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

なぜダイカスト金型鋼は特別なの?求められる4つの特性

ダイカスト金型鋼には、過酷な環境下で安定した品質の製品を生み出すために、以下の4つの特性が求められます。

  1. 耐熱性: 溶融金属の高温に耐え、変形や劣化を防ぎます。
  2. 耐摩耗性: 金属の注入・取り出し時の摩擦に耐え、金型の寿命を延ばします。
  3. 靭性: 割れや欠けを防ぎ、安定した成形を可能にします。
  4. 加工性: 複雑な形状の金型を精密に製作できるよう、高い加工性を持ちます。

代表的なダイカスト金型鋼:SKD61とその仲間たち

数あるダイカスト金型鋼の中でも、特に有名なのが「SKD61」です。バランスの取れた特性から、幅広い用途で活躍しています。さらに、SKD61をベースに、より過酷な条件に対応できるよう改良された「DAC-i」や「DAC-X」といった鋼材も存在します。

硬さと粘りの関係:バランスが重要!

ダイカスト金型鋼は、焼入れによって硬さを高めます。硬いほど摩耗に強いですが、その分粘り(靭性)が低下し、割れやすくなるという側面も。用途に合わせて、硬さと粘りのバランスを考慮した鋼材選びが重要です。

加工はプロにお任せ!深穴加工なら株式会社ハイタック

ダイカスト金型鋼は非常に硬いため、加工には専門的な技術と設備が必要です。特に、冷却用の水穴などを掘る「深穴加工」は難易度が高く、注意が必要です。

株式会社ハイタックは、深穴加工のスペシャリストとして、長年の経験とノウハウを活かし、高精度・高品質な加工を実現します。金型の寿命を左右する深穴加工は、ぜひプロにお任せください。

ハイタック:深穴受託加工ページ

まとめ:金型選びは製品の品質を左右する!

ダイカスト金型鋼は、製品の品質を左右する重要な要素です。今回の記事を参考に、用途に合った鋼材を選び、信頼できる金型メーカーに依頼しましょう。深穴加工が必要な場合は、ぜひ株式会社ハイタックにご相談ください。

この記事が、ダイカスト金型鋼について理解を深める一助になれば幸いです。

    PAGE TOP