医療系器具ー小径深穴加工

医療系アプリケーションについて

医療系機器にはチタンや医療用ステンレス鋼に深い小径穴の精密加工を必要とします。直径が小さく、薄肉で公差が厳しい場合、骨ネジや骨ドリルなどの部品の製造に課題が生じることがあります。外科用工具のように精密部品に深い穴を開けるためには、同心度の公差を厳密に維持する必要があります。ガンドリル加工では、相対回転(逆回転)方式で達成するのが最適です。製造業者にとってこれは非常に重要なことで、ガンドリル加工は、様々な材料に深く真っ直ぐな穴を明けることが可能です。最高の生産性とプロセスの信頼性を実現するためには、専用のガンドリル加工機(医療用ガンドリルマシン)は最適な一台となります。

主な材料:βチタン、ニッケルチタン等

外形加工済みのワークに穴明け加工できる。

  • 脳外科用ボーンカッター
  • インプラント(大腿骨用)
  • インプラントの為の手術工具
  • 医療材料パイプ(素管)←ステント材料のベース穴
  • 外科用手術工具(医療)←吸引穴、ガイド穴

整形外科用手術器具

  • クラウンリーマー(英Crown Reamer)φ1.8~4深さ300L
  • ステップリーマー(英 Step Reamer)φ3.5 深さ 474L
  • ラグスクリューリーマー (英 Lag Screw Rermer) φ3.1 深さ315L
  • インプラント*骨折部の接合など
  • 固定釘(英 Nail)φ2~4.6 深さ260L
  • スクリュー (英 Screw) φ1.6~3.2 深さ100L