技術開発【深孔や小径孔の高精度な加工を実現】

深孔(深穴)や小径孔(小径穴)の
高精度な加工を実現

海外では主にTHE DEEP HOLE BORING MACHINE(深孔明加工機)と呼ばれているらしい。日本では一般的にガンドリルマシンと呼ばれることが多い。では、ガンドリルマシンと呼ばれるこの物騒な名前の機械・・・一体どのような用途で使われるのか、その疑問にお答えしましょう!!

丸い円筒状のワークに穴をあける型が主流

ガンドリルは、ヨーロッパ地方で最初に作られたと言われている。その故、ドイツ、スイスメーカーなどではガンドリル専門企業が多数存在する。そもそも、ガンドリルとは猟銃や拳銃などの筒に穴をあけるために作られたものである。それ故に、丸い円筒状のワークに穴をあける型をしたものが多い。

ノンステップでの切削加工

図を見て気付きましたでしょうか?他のNC工作機械とは違いガンドリルを用いた切削加工は高圧ポンプから供給された切削油がドリル内部を通り、刃先から噴出されドリル外側のV 溝を通り切屑を外部に排出する仕組みになっています。切削油の高圧吐出とガンドリル特有の刃先形状(外刃、内刃)により切屑を互いに干渉させることで細かく分断します。そして細かく分断された切屑は刃先からシャンクまでのストレートなV溝を通りチップボックス内に 押し出されます。

これにより切屑の排出が容易な為、ノンステップでの切削加工を行い大幅な時間短縮が可能となります。切削油の高圧、高油量の噴出により瞬時に切屑が排出される為加工内面と切屑の干渉も少なく面粗さや真直度に優れた効果を発揮出来ます。その為、切粉による面精度が低下、何回かに別けて送りをかけなければ ならないなどの他の工作機械とは違い、ガンドリルマシンでは一回の切削加工で短時間での切削加工ができるようになっているのです。

ガンドリルだからできる高精度な加工

つまり、ガンドリルマシンとはツイストドリルなどでは困難な深孔や小径孔をガンドリルという特殊な工具を用いて高精度に加工することが出来る機械と言えるでしょう。 現在では、自動車部品を始めセンサー穴、燃料ノズル、医療工具部品等・・・の加工用途に使われています。実際、当社では全国各地からの加工依頼を受け上記にあげた製品の加工を日々行っています。

事業案内
技術開発
技術開発一覧をみる
ニュース
ニュース一覧をみる
PAGE TOP